2ヘダー画像2.png 2ヘダー画像.jpg 3ヘダー画像.jpg
高橋真梨子がビビットで語った私を捨てた男は浜田金吾:日刊 HIROMI:So-netブログ

高橋真梨子がビビットで語った私を捨てた男は浜田金吾 [芸能界]

1高橋真梨子の歌.jpg

高橋真梨子の音楽活動で大きく影響をもたらした男は浜田金吾の要だ”


高橋真梨子がビビットで語った私を捨てた男とは浜田金吾だ。浜田金吾との出会いは高橋真梨子がカプリジャス二代目ボーカルとして移籍し「ジョニィへの伝言」「五番街のマリーへ」をヒットさせたが。音楽思考の違いで解散した。

高橋真梨子は当初は故郷の博多に帰りクラブ歌手にでもと思っていた。縁が有ったのか。バードコーポレーション移籍した。事務所は元々「翼をください」で知られる「赤い鳥」のマネジメントとして設立した事務所だ。そこに居たのがフォークグループ四人「クラフト」のリーダ浜田金吾だった。

当初は浜田金吾は高橋真梨子や一緒に移籍したヘンリー広瀬を見下した見方をしていた要だ。だが浜田金吾を一変させたのは高橋真梨子の歌だった。高橋真梨子の歌の上手さが理解できたのだ。こうなれば二人の距離は完全に埋まり高橋真梨子を送迎する日々がつづいた。

意気投合した二人は高橋真梨子のマンションで同棲生活をした。高橋真梨子も浜田金吾の音楽才能を認めるていた。事実二人の愛の時代に提供した曲が「裏窓」である。浜田は高橋真梨子に十五曲を提供している♣

突然消えた浜田金吾

高橋真梨子がコンサートツアーを終え帰宅すると浜田金吾とともに。全ての衣装が消えていた。置手紙が置いて有り。真梨子が好きだから別れるとの内容が綴られていた要だ。その後即に高橋真梨子が「桃色吐息」を世にだしヒットさせた。高橋真梨子はビビットで浜田金吾に対して「ざまーみろ」と思ったと語った♣

おわりに

今一番コンサートのチケットが取れない歌手は高橋真梨子と言う。そして浜田金吾の別れは正に高橋真梨子を捨てたのだ。好きだからこそ別れる。男の都合だ。その後20年高橋真梨子は浜田金吾に合う事はなかった。だが高橋真梨子の母の葬儀に突然に浜田金吾が現れたのです。その事はビビットでは語られなかったが男のエゴは凄いと思わずにいられない♥




Sponsored Link

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました