ヒロミ                            韓国の文在寅大統領が慰安婦問題棚上げ日本五輪不参加
So-net無料ブログ作成

韓国の文在寅大統領が慰安婦問題棚上げ日本五輪不参加 [世界]

韓国.jpg

いよいよ言い出した韓国慰安婦問題が解決していない


もう韓国とは話にならない。本来は「日韓請求権協定」ですべて解決済みなのだ。国連委員会は慰安婦問題を日韓合意見直しを勧告した。2015年12月28日「最終的かつ不可逆的な解決」に至ったことを堅持し、一切ぶれてはならない。

韓国の運命を決めるのは韓国人なのだから。だが日本は元慰安婦を支援する韓国の財団に10億円を拠出した。韓国は二度となにがしの請求書をしないと言う約束で有ったが韓国の大統領が文氏に変わり選挙公約に掲げた「最終的かつ不可逆的な解決」を見直すと言いだした。

Sponsored Link

正に大統領が変わるごとに日本にお金をせびる韓国

「最終的かつ不可逆的な解決」で10億円をせしめたが。又お金を要求する一部の慰安婦支援団体が不正に造った慰安婦像を撤去しない。予測はしていたがその予測が大当たりした。日韓基本条約1965年1965年の日韓基本条約において無償で3億ドル、有償で2億ドル、民間借款で3億ドル合計して8億ドル支払った。貨幣価値を今の時代に換算すると1兆800億円 。その額は当時の韓国の国家予算の2.3倍でありいかに高かったかが分かる。

当時の大統領は日本からせしめた金で韓国インフラや経済的に発展して今の韓国だ生まれたのだ「漢江の奇跡」と語られている。韓国労働の保障を持ち出す知恵韓国は日本からお金をせしめる方法を次から次へと考える。戦時中に強制労働をさせられたと言いだした。その企業から又お金をせしめ要としている。

これも日韓基本条約1965年で莫大なお金をせいしめた味が忘れられないのだ。本来なら全ては「日韓請求権協定」で解決済みなのだ。しかし慰安婦問題を作りだした。当然「日韓請求権協定」でせしめたお金で韓国政府が対応する問題だ。しかい日本にもミスが有る。相手にしなければ良いのに河野談話とか正に韓国の思うがままの知恵に引き込まれてしまたのだ。

平昌冬期五輪に行くのは難しい

無茶苦茶な韓国に喜び勇んで平昌冬期五輪に行くのはいかがでしょうか。選手の多くには申し訳ないが日本人の将来を考えるとこれ以上は韓国の言うとうり。にはなれない。パンをやればミルクと言う国が恥じを知らない韓国人には呆れる。

おわりに

韓国人はなぜいつまで日本になにがしを求めるのか。すの答えは韓国人教育に有るのだ。我が国の固有の島を(竹島)を「独島」と名付け実行支配している。国際裁判には応じない。無茶苦茶な韓国は正当な教育ができていない。反日教育を猛烈にする韓国とは距離を置く。相手にしないが一番だ。



Sponsored Link






nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

/* contents of a small JavaScript file */F
So-net無料ブログ作成