会社員の副業は時間管理と上司の理解 [世論]

リスク覚悟で.jpg

会社員の副業が感心を高めるが成功する。副業会社員のリスク回避の副業は有るのか”


政府の働き方改革の一環で企業は副業を認めるざるを得ない事態に成った。働き方改革とは残業を減らして。効率的に働く。経営者には決して悪い事ではありません。時間内で仕事を終える。仕事量を減らす訳ではない。是は経営者には良い事だ。では社員はいかがでしょうか。上司の理解。スキルは利益相反行為に当たり。本業以外の副業を求められる。

問題は時間だ。休日や早期退社(残業なし)だけで副業をすると成ると副業の仕事は限られる。特別な才能が有れば良いが。そうともいかない。リスク覚悟で投資やマンション経営者をする。是は副業の世界を超えている。

働き方改革で最近はやたらとマンション経営やFX等々のコマーシャルがテレビで流れる。儲かるのは誰だ。副業社員が儲かった。その要な話は聞かない。ネットビジネスも有るが。時間管理と言うリスクが有る。更にクレームが有る副業は駄目だ本業が出来ない事態に成る。誰も助けてくれない♣

上司は副業を理解不能

何処の会社の上司が部下の副業を理解する。上司も社員だ働き方ジェラシーが生まれる。本業有りきの副業を理解する事だ♣

働き方改革とは労働厚生省と政権が作りました

「働き方改革」は、一億総活躍社会の実現に向けた最大のチャレンジであり、日本の企業や暮らし方の文化を変えるものです。厚生労働省では、女性も男性も、高齢者も若者も、障害や難病のある方も、一人ひとりのニーズにあった、納得のいく働き方を実現するため、「働き方改革」の実現に向けて取組を進めていきます♣

政府や労働厚生省は副業を理解するとは書いていない

副業をする事は悪でもない。しかしあらゆるリスク覚悟でおやり下さいネット上には溢れる副業。しかしほとんど信用できない要です♣




Sponsored Link

渡辺謙が「カッコ悪い男」「小さい男」噂は絶えない [芸能界]

渡辺謙が.jpg

ハリウッド俳優で名を売った渡辺謙。噂は「カッコ悪い男」「小さい男」と言われている。「ラストサムライは日本人の心に響き。世界に。サムライと言うネーミングを広げたのだ出てこい。ラストサムライ”


その渡辺謙が大河ドラマ「西郷どん」で島津斉彬の役を演じる。今迄渡辺謙で有れば凄い薩摩藩主 島津斉彬を演じると期待するが。渡辺謙が妻の南果歩の癌手術を敢行した身で有る事を知りながら。海外で21歳も年下の元ホステスと不倫を。週刊文春にスッパ抜かれた。渡辺謙は 帰国後に「後日キッチリ話させて頂きます」とコメントした。

3か月過ぎた今だ隠れて出てこない。妻南果歩や娘の杏に叩き出されたとか噂は絶えない♣

大河ドラマの薩摩藩主で有る島津斉彬は凄い藩主

渡辺謙に島津斉彬の役ができるか疑問だネット上では「小さい男」「カッコ悪い男」と騒がれている。その要な渡辺謙に大河ドラマ「西郷どん」の薩摩藩主 島津斉彬の役ができるとは思えない。最低男になりつつ有る♣

映画俳優はフアン有っての者

何処に隠れているのか解らないが。けじめと約束は守れと言いたい。年下の彼女と別れられないなら。それで良い。隠れて居るのが駄目なのだ。不倫をしました。妻南果歩の怒られました。又彼女と別れられないので慰謝料を支払い妻南果歩と別れます。ハッキリする事が大事だハリウッド俳優が「カッコ悪い男」「小さい男」のイメージが定着すると。大河ドラマ「西郷どん」は視聴率は最低になると思う♣

 


Sponsored Link

/* contents of a small JavaScript file */F