マラソン ブログトップ
前の2件 | -

ベルリンマラソン大会2時間突破夢のビックリ3対決 [マラソン]

2時間突破.jpg

ベルリンマラソン大会(9月24日)2時間突破をかけマラソンビックリ3が夢の対決をする”


夢の対決ビックリ3は。ケネニサ・ベケレ(エチオピア)、エリウド・キプチョゲとウィルソン・キプサング(ともにケニア)。2時間3分5秒の記録(歴代3位)を持つ。キプチョゲはスポーツ用品ナイキの企画の夢の2時間突破で2時間0分25秒の世界最速記録を出した。ペースメーカーの走りシステムで非公認となったが最速で走たには違いない。

ケネニサ・ベケレは5000mと1万m世界記録保持者。昨年もベルリンマラソン大会に出場し世界記録に6秒遅ればせながらマラソン歴代2位の記録をマークした。キプサングは2013年2時間3分23で世界記録をだした実力者で有る。世界マラソンは2時間突破を目標にしているのだ。

しかも今回のベルリンマラソン大会は世界ビックリ3が揃って闘うのだ。凄い闘いになるのは間違いない。

ベルリンマラソン大会は凄すぎる

記録狙いも見どころだが。世界ビックリ3が出揃う大会は今回のベルリン大会が初めてだ。夢の対決だ。日本での放送は有るのか気になる。2時間を突破する歴史的瞬間が有るのか夢ではない。キプチョゲはスポーツ用品ナイキの企画の夢の2時間突破で2時間0分25秒の世界最速記を確実に走っているのだ。

おわりに

世界ビックリ3が2時間を切る走りをする。日本はいまだに高岡選手日本記録2時間6分16秒(2002)が破れない2時間突破とは言わないがせめて2時間6分の記録は見たい。単距離は世界と夢の戦いが見えた。マラソン大会も世界と夢の闘いが是非ともみたいものです。



Sponsored Link

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

原由祐美子契約社員が万引き悲しすぎるアスリートの現実 [マラソン]

原大阪国際の.jpg

原由祐美子世界選手権マラソン元日本代表が万引き。窃盗容疑逮捕とわ悲しすぎる"


京セラからユニバーサルエンターテインメントに移籍。世界選手権マラソン元日本代表だった原由祐美子が契約社員とは驚くばかりだ。日本陸上連盟は彼女が競技を離れ如何なる生活をしていたか解らない。とコメントした。ユニバーサルエンターテインメントの元代表監督も同じく最近は合う機会もなく「何でこんなことに・・・素直で練習熱心だった」とコメントした。

アスリートの悲しすぎる現実を観たと思う。要するに原由祐美子がマラソンを走れる時期は日本陸上連盟 京セラ ユニバーサルエンターテインメントも「もてはやす」のか競技生活を終えれば何のホローもないのが悲しのだ。世界選手権マラソン元日本代表の彼女が契約社員とは誰も把握していなかった要だ。競技生活を終えた原由祐美子は現役時代は泣きながら走るような頑張り屋さんで有ったと言う。

決して原由祐美子の万引き 窃盗を擁護しているのでは有りませんが誰もが「何でこんなことに・・・素直で練習熱心だった」「泣きながら走るような頑張り屋さんが」とコメントが悲しすぎるのです。しかも契約社員とは驚くばかりだ。

原由祐美子はプロ選手ではない

原由祐美子はお金儲けで走ったのか。違う要だ。勿論名誉の為に走り続けたと思う。京セラからユニバーサルエンターテインメントに移籍した事実は完全だ。せめて競技生活を終えたアスリートの現実を日本陸上連盟や京セラ及びユニバーサルエンターテインメントは。なにがしのホローをするべきと思うのだが。だって彼女は世界選手権マラソン元日本代表選手だったのだ。ただ走る広告塔だっのでは可哀想でならない。アスリートの現実を観た要だ。


Sponsored Link


nice!(1)  コメント(0) 
前の2件 | - マラソン ブログトップ
/* contents of a small JavaScript file */F