2ヘダー画像2.png 2ヘダー画像.jpg 3ヘダー画像.jpg
競馬:日刊 HIROMI:So-netブログ

天才ジョキー武豊は藤田奈々子の大フアン [競馬]

武豊戸藤田奈々子.jpg

武豊は藤田奈々子のフアンだ16年ぶりの女性騎手に天才はなにを感じているのだろうか、何時も応援している良い感じだ”


26日に行われる国際諸競走に参戦するために集結しているJRA関係者も“菜七子V”の一報に沸いた。武豊は「(2勝したと聞いて)すごいね。注目されているから結果を出せたのは本当に良かった。しっかり乗っているからJRAでもすぐに勝つチャンスがあるでしょう」。JRAデビュー週に行われた会見に乱入した“サポーター”だけに手放しで祝福した。天才と呼ばれるジョキー武豊は藤田奈々子と対戦した時のコメントが面白い、藤田奈々子が武豊に「避けろ前をあけろ」と言たと言う、武豊は即避けたと言う「藤田奈々子を落馬させると日本中の競馬フアンを敵に回す」と実に面白く良いコメントをした,16年ぶりの女性騎手の藤田奈々子を武豊は可愛いがっている要だ、何かと良いニュースの無いスポーツ界に愛らしく安らぎを感じさせる武豊は人間身溢れる人柄だ、実は藤田奈々子は武豊に「避けろ前をあけろ」なんて言ていないと言う、武豊のジョークの要だ、しかしながら武豊は競馬界をもり揚げる為に藤田奈々子が育つ事を願っている要だ、武豊が藤田奈々子のフアンなら他の男性騎手の可なり気を使い騎乗している要だ、奈々子を落馬などさせられない、日本中の競馬フアンならず敵に回す事に成っては困るだけに、又藤田奈々子は芸能プロダクションのホリプロとも契約すると言う、当分の間に奈々子フィイバーは続きそうだ!

藤田奈々子が21日フラワーC・G3中山優馬に騎乗する [競馬]

藤田菜七子.jpg

JRAで16年ぶりに誕生した女性ジョッキー、藤田菜七子騎手(18)美浦・根本厩舎が、来週のフラワーC・G3
(21日、中山・芝1800メートル)に騎乗する可能性があることが10日、分かったのだ”


コンビを組むのは報知杯弥生賞で10着だったシャララ(牝3歳、美浦・田村厩舎)。現在は賞金が400万円の1勝馬のため、抽選突破が必要となるが、無事に出走となればデビュー3週目で重賞初挑戦となる。藤田騎手は「信じられない気持ち。馬のことは、これからレースを見て勉強します」とうれしそうに話した。同馬を管理する田村調教師は「競馬のセンスがいい馬で、前めにつけられる。スタートが上手な彼女と合っていると思う」と期待を寄せたている藤田奈々子は16年ぶりの女性騎手だけにJRAはその人気にフラワーC・G中山に騎乗させるのではと思う、なにしろ藤田奈々子の人気は今や武豊をしのぶ勢いが有るJRAはこの奈々枝人気に乗らないはずはない、今は一早く勝ことをJRAは願っている事だろうフラワーC・G3の中山競馬場は又しても多くのマスメデアや多くの競馬フアンならず家族つれも観戦に訪れるだろう、藤田奈々子フィーバーはしばらくの間続くことだろう、又彼女は素質が有る必ずG1にもでてくる騎手になるだろう、一応は押さえて置くことは面白いことだろう!

奈々子フィーバー中山競馬場でもベテラン武豊も緊張させる [競馬]

AS20160209003139_comm.jpg

デビュー2日目を迎えても、中山競馬場は藤田菜七子フィーバーに包まれベテラン武豊も緊張させる


2R前のパドックには重賞級の観客の中山優馬場だ藤田奈々子の一挙手一投足に熱視線を送っていた、中山2Rで9着に敗れ悔しそうな表情の藤田菜七子その2R(ダート1200メートル)は6番人気のホシノブーケ(牝3=根本、父メイショウボーラー)に騎乗し9着。先行勢から少し離れた中団を追走したが、直線は伸びず1着争いに加わることなく終わのだが、レース後の藤田奈々子は「前走よりはいいスタートをしてくれたよと言う。

最後はもう一踏ん張りできなかったが、きょうも歓声いっぱい聞こえていました」と汗をぬぐった。このレースで憧れの武豊(ハヤブサレディゴー2着)との初対戦も実現。武豊は「マスコミが多いから緊張したよ。レースは前にいたので(藤田の姿は)見えなかったけど、返し馬でかわいいと思いました」と笑いを誘ったのです、藤田奈々子デビューからマスメディアが多くしかもフアンが多くJAも粋な図らいをした、3月3日のひな祭り川崎競馬場でデビューさせたのだ、

競馬フアンのみならず注目を集めたのだ、しばらくは奈々子フィーバーは続きそうだ、川崎競馬6レースは2着だったが早く1着を仕留めてもらいたいと思います、できれば見たいものですね!

Sponsored Link