ヒロミ                            ニュース
So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ
前の2件 | -

仮想通貨「億り人」を夢みた「NEM」被害者団体設立 [ニュース]

目無.png

仮想通貨「NEM」被害者団体設立


仮想通貨の「NEM」に投資した被害者が「NEM」に対して被害団体を設立した。「NEM」は580憶の仮想通貨を外部に流失した。仮想通貨「NEM」の利用者30人がホームページで被害者の情報発信や参加を求めている。弁護士を雇入れ民事訴訟も辞さない活動を始めたと言う。「NEM」は自己資本で返済するとコメントしていた。

だが返済時期や返済方法は何も発表をしていない。「NEM」には自己資本は有るはずがない。「NEM」が 利用者の弁済するには今迄と変わりなく取引をする。この手数料で弁済する予定だったのですが。「NEM」は取引を停止処分になっている。これでは返済はできない事は確実だ。580憶を抜き取りをしたハッカーを捕まえるしか方法はない要だがこのハッカーを見つけるのも簡単ではない。

Sponsored Link

仮想通貨はリスク覚悟

被害団体の設立は意味が有るのか。仮想通貨で大儲けをしたいと「NEM」を購入した被害者の団体。弁護士を雇入れ民事訴訟とは驚く。いくら民事訴訟を起こしても無いところから一銭も戻らないと理解するべきである。

元々仮想通貨には自己責任が基本で有る。ネムを選んで儲ける。あわよくば「億り人」を夢みたのは自己責任である。仮想通貨はあくまでも仮想の世界であると自覚するべきである。

被害者の団体

被害者は怒りは収まらない。団体で民事訴訟を起こすと言われている。いくら民事訴訟を起こしても駄目だ。ここは580憶を抜き取りをした犯罪者が見つかる事を祈ることだ。

そして仮想通貨でひと儲けをしようとした自分の失敗を反省するべきである。何もなら民事訴訟を起こす暇があれば今一度自己責任とは何かを考えてもらいものだ。仮想通貨で「億り人」は非常困難であり。リスクは大きくやがては消えるのが仮想通貨と考えられる。だが「億り人」はいる。仮想通貨の勉強を徹底的にする。ただ人の話を鵜吞みしていてば「億り人」にはなれません。




Sponsored Link






nice!(4)  コメント(0) 

ボルサリーノ破産アランドロンは失望している [ニュース]

アランドロン.jpg

イタリア老舗帽子メーカー破産


イタリア「ボルサリーノ」は音楽業界では今は亡きマイケルジャクソンやアメリカの歌手ファレル・ウィリアムスが愛用し「ボルサリーノ」は世界で富裕層を中心に支持を得ていた。1970年あのフランスの名優俳優アランドロンとジャン・ポール・ベルモンドが着用し独特なフェドーラスタイルハットに由来する「ボルサリーノ」はなぜ破産に陥ったのだろうか。

世界の映画業界や映画業界からの絶対的な支持を得ていた事実は経営者を無能にした要だ。元オーナーのマルコ・マレンコは2015年詐欺と脱税事件でスイスでたい逮捕されている。脱税事件は2年前だが世界の全ての業界はオーナーマルコ・マレンコを許さなかった。いかに老舗といえども脱税事件や詐欺はイタリア 老舗帽子メーカー「ボルサリーノ」に失望した。

Sponsored Link

無謀な経営「ボルサリーノ」

いかに世界で多くの支持を得ていた老舗メーカーで有ってもオーナの無謀経営は必ず顧客を失望させる。経営者の欲望と理性を失うと簡単に企業は倒産に向かう事を教えた。老舗帽子メーカー「ボルサリーノ」だ。

経営者の無能で破綻する企業は多く有る。駄目なのは経営者独裁企業に多く見られる。その要な企業はやがては労働者の勤労意欲を失い品質や生産能力を奪う。

おわりに

160年の歴史の老舗帽子メーカー「ボルサリーノ」が破産手続きを誰が予測しただろうか。その予測は。経営者元オーナーマルコ・マレンコは2015年詐欺 脱税事件でスイスでたい逮捕された事件で世界のブランド「ボルサリーノ」も瞬間で歴史を終えた。無謀な経営者は必ず破綻を招く事を「ボルサリーノ」は教えてくれた要だ。フランス名優アランドロンも嘆いているに違いない。








続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
前の2件 | - ニュース ブログトップ
/* contents of a small JavaScript file */F
So-net無料ブログ作成

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。