ニュース ブログトップ
前の2件 | -

貴乃花親方の沈黙は当然と思わざるを得ない [ニュース]

貴乃花親方の.jpg貴乃花親方の.jpg
貴乃花親方の珍黙は当然

貴乃花親方と貴ノ岩は親子


貴ノ岩は16歳で鳥取城北高等学校に相撲留学した。8歳で母を心臓病、来日してから3カ月後に父を肝臓癌で失うという不幸があった。2007年の国体少年個人でベスト4。2008年の世界ジュニア選手権で準優勝した。鳥取城北高等学校の石浦外喜義監督によると「真面目な努力家」であったという。

当時の鳥取城北高校は毎年、貴乃花部屋で合宿をしていたため、この頃から貴乃花部屋とは縁が有り貴ノ岩も憧れの貴乃花親方を尊敬していた。その要な縁で貴乃花親方と貴ノ岩は強い力士を目指した。正に本当親子以上に貴花田親方は貴ノ岩を時に厳しく。優しい育てた。

後に貴花田親方の実息子花田雄一(靴職人)が語る。「同じ年頃の弟子が入門するお前は出て行け」花田雄一は「これ以上いたらヤバいとイタリアに修行に行くと決めた」貴花田親方は完全に貴ノ岩を子供以上に想い可愛がていたのです。


Sponsored Link



貴ノ岩が横綱日馬富士に暴行を受ける

貴乃花親方は鳥取城北高校出身の力士が石浦外喜義監督の元に挨拶方々の宴会と認識していた。貴花田親方は現役時代から他の相撲部屋の力士とは関係は持たない主義だった。相撲取りのポリシーなのか先代の貴花田や若乃花も同じ考えだった。今回の鳥取では鳥取城北高校出身の力士以外の横綱が同行していたのです。

そこで事件が起きたのです。貴ノ岩は当初は事件を貴花田親方に隠していたが。体調不良と怪我がが判明し貴花田親方に報告をしたのです。

貴花田親方は相撲協会の巡業責任者

貴花田親方は相撲協会の理事で有り巡業の責任者でも有る立場でも有る。世間一般は相撲協会の報告が先と貴花田親方を攻めているが貴花田親方はためらう事なく。貴ノ岩の親を主張したのです。相撲協会に報告し内々にする。この選択肢は貴花田親方にはみじんもありませんでした。

一般社会でいじめられて怪我をした子供を教育者に報告しますか。信頼できる教育委員会であれば違う選択肢も有ったかもしれません。貴乃花親方の考えは事件にするのみの選択肢しかなかったのです。可愛い弟子が怪我をしたのでし。しかも同じ力士横綱からの暴行を受けたのです。

貴乃花親方はためらう事なく警察沙汰にしたのです。親と協会理事の狭間にためらう事なく。警察沙汰にした貴乃花親方の行動を誰が批判できる。貴乃花親方の珍黙は多いに理解できます。貴ノ岩を世間にさらけ出す事は貴乃花親方はしない。





Sponsored Link



nice!(8)  コメント(0) 

北海道の冬の風物詩モウソウ竹を廻すササラ電車初出勤 [ニュース]

ササラ電車は.jpg

この冬初のササラ電車出勤


ササラ電車の歴史は古く。大正7年に初お見えした要です。当時も今も豪雪地帯に活躍する。今年は初出勤は昨年より12日遅く出勤した要です。大正7年からとはササラ電車とは凄いですね。

ササラ電のササラは台所で使用された竹製のたわし「モウソウ竹」山口県の農村地域の主婦が。大正時代に考案した要です。「モウソウ竹」の産地でも有る山口県から北海道の伝えていたとは驚きです。細かく割ったたけブラシ状に束ねた「ササラ」を車両の前後に取り付けられる。それを回転させ 積もった雪を名ね飛ばす仕掛けと言います。

大正7年から昭和そして今平成とササラ電車は北海道の冬の風物詩とし今も活躍しているそうです。


Sponsored Link



サラサラ電車以前は

北海道の豪雪地帯で路面電車は除雪が追いつかず運休していた要です。そこに目を付けたのでしょうか。山口県の竹製のたわしを。それが今でも活躍しているとは面白い事でも有り凄い事でもあります。

ササラ電車は雪が降れば見れるし乗れるでしょう。運行しているのは札幌と函館のみです。一度乗りたいササラ電車。頑張れササラ電車雪を跳ね除け今年も走るているのです。



Sponsored Link


nice!(5)  コメント(0) 
前の2件 | - ニュース ブログトップ
/* contents of a small JavaScript file */F